2 コラム‎ > ‎vol.01 201304~06‎ > ‎

22 携帯キャリアのフィルタリングの実際

2013/06/16 9:48 に ずきんはな が投稿   [ 2013/09/22 5:55 に更新しました ]
2013年06月16日掲載
みなさんのところでは、お子さんの持っている端末はキャリア契約していますか?iPodTouchでしょうか?それともタブレット?
子供に携帯をもたせる時に気になるのがやはりフィルタリング機能。

キャリア契約していないご家庭ではキャリアのサービスは受けられませんが、いずれ契約する時が来た時の情報としてお持ちいただければ幸いです。

2009年4月1日からの法律の施行により、子供のもつ携帯電話にフィルタリングを施すことは、保護者の責務になりました。

しかし、Wi-Fiでの通信については一体どうなってるのかなーと常々疑問に思っていたので、docomo、AU、softbankそれぞれに実際に聞いてみました。他のキャリアには聞いていませんが、国内3大キャリア、ということでご容赦を。

------------------------------
☆ドコモ
------------------------------

<アクセス制限サービス>
iモードまたはspモードで接続のみ対応。
お申込み必要。アプリケーションのインストール不要。
年齢区分:小学生低学年・小学生高学年・中学生・高校生

<あんしんモード>
端末のWi-Fi機能の有効化を不可とし、Wi-Fi経由でのインターネットアクセスを制限。
アプリケーションのインストール要。(Androidのみ)

■中からのひとこと
Wi-fiで繋げられないようにしている、という事ですね。docomo回線のみを使用することで、上記サービス二つ合わせて使用する事になります。docomoではiPhoneを販売していないため、Androidのみ対応です。

また、フィルタリングの設定変更や解除は店頭のみの受付です。

------------------------------
☆au(KDDI)
------------------------------

<安心アクセスサービス>
auのLTE/3Gの回線接続時のみに対応、Wi-fi時無効。
年齢区分:小学生向、中高生向、カテゴリ別にカスタマイズ可

<安心アクセス for Android>
年齢区分:小学生、中学生、高校生

<安心アクセス for iOS>
年齢区分:小学生、中学生、高校生

すべてのアクセス経路(3G/LTE/WiMAX/Wi-Fi)においてフィルタリング対応可能。アプリ起動を制限。(※表示される広告自体をブロックするものではない)
ただし、専用ブラウザアプリを利用すること。

アプリ追加時および、一日一回、インストール済アプリをデータベースで照会し、その判定情報に基づき起動を制限。

■中からのひとこと

for iOS のサービスはつい最近始まったばかりのようです。iPhone を既に持っているお子さんに今からこのアプリを入れてもらうのは本人との交渉が難しそうですね。

iPhone については後述へ。

------------------------------
☆Softbank
------------------------------

<ウェブ安心サービス(フィルタリングサービス)>
年齢区分:小学生、中学生、高校生、高校性+
Wi-Fi時無効。

<wi-Fiフィルタリングアプリいろいろ>
softbankでは、そのものズバリのよくある質問として載っていました。

「Wi-Fi通信によるインターネット接続にもウェブ利用制限をすることはできますか?」

ここの説明によると、端末毎に下記アプリを入れれば良いようです。

★Android
<あんしん設定アプリ>
<Yahoo!あんしんねっと for SoftBank>

★iPhone
<Yahoo!あんしんねっと for SoftBank>
<Yahoo!きっず>

Wi-Fi時には上記のブラウザアプリを利用すること。

■中からのひとこと
Android、iPhone 共にアプリが提供されています。ただし、このアプリケーション上でしかフィルタリングはしないので、説明にあるとおり、他のブラウザでは使えません。Yahoo!キッズはiPhoneしかないようです。
他のブラウザについては機能制限する必要があります。iPhoneについては後述。Andoridに置いては、あんしん設定アプリが機能制限アプリとなっているようです。

------------------------------
☆番外:iPhoneの場合
------------------------------
iOS、AppStoreでレート設定を採用している。
年齢区分:「4+」「9+」「12+」「17+」(iOSの設定による)

元々の機能として備わっている「機能制限」にて「許可するAppのレート」を設定することで、アプリの利用/ダウンロードを制限することが可能。

■中からのひとこと

iPhoneの方は、iOSのもつ機能を把握しておく必要がありますね。
年齢制限と課金については、こちらにわかりやすく説明が書かれたページがありました。ご紹介しておきます。

※iPhoneはURLをクリックした時にsafariを起動しますが、そのsafariに制限をかけると、URLをクリックしてもブラウザが開きません。機能制限と便利さは表裏一体とも言えそうですね。

auでは、2013年2月18日より、未成年へのiPhone(またはiPad)販売時において、アプリの利用制限を店頭にてデフォルトで設定する運用を開始しているとのことでした。

さて、実際に行われるフィルタリングについては、AU、softbank共に、ネットスターのものを利用しています。以前にもご紹介しましたね。

キャリアごとに、年齢区分やプランによっても差がありますが、フィルタリングをかけて安心して放置、ということではなく、キャリアが用意しているものを有効活用して、フィルタリングを外していけるように、子供の様子を見ながらフィルタリングを卒業させていきたいですね。

どのようなサイトが制限されるのか、どのようなカスタマイズできるのか。お子さんと一緒に、納得してから使いましょう。

また、フィルタリングと、ウィルス対策は別のものです。ウィルス対策についてはいずれまた取り上げたいと思います(^o^)