2 コラム‎ > ‎vol.03 201310~12‎ > ‎

52 親が知らないうちにネットに繋いでいる事情

2013/11/08 8:17 に ずきんはな が投稿   [ 2013/11/08 8:18 に更新しました ]
2013年10月12日掲載

前にコラムにしておりました、ネットワークがつながるお話の続きを。
【コラム:うわあ、ここ繋がる!】

先日、子供の通学のつきそい当番がありましたので、せっかくなので電波ウォッチをしながら歩いて見ました。
使ったのはiPhone3GS。5秒おきくらいに探知してくれます。

「設定」アイコンを押したあとに、「Wi-Fi」を押したあと、その画面を眺めるだけです。
「ネットワークを選択...」という文言の下に、探知できるネットワーク名が出てきます。

学校まで1km程度の間に見つかった鍵なしWi-fi、なんと5箇所。

この短い距離の間に見つかった野良Wi-Fiの多さに驚いてしまいました。
中学生女子のいるママ友にふと話をしてみたところ、

「うちの娘が、下校中いっぱいつながる言うんよー」

と、つながる場所を把握しているようでした。
(ちなみに学校に持っていくのは禁止で、その後見つかり生徒指導を受けたようです^^;)

わが町はコンビニのない郊外。通学路に店舗はないんです。
公園のそばにも鍵なしのものがありましたので、子供たちが公園でゲーム機を持って行って遊んでることを思うと、すでに誰か気がついているかも。。と考え込んでいます。

ふと気になって、子供のゲーム機に接続設定が増えていないかチェックしてみました。
PSPをチェックしてみたところ、見知らぬネットワーク設定が追加されています。おっとっと。これはいかん。
聞くと、友達がUSBをつないでその子の家のルーターにつながるように設定してくれたとかなんとか。
友達が入れてくれたから良いと思ったようなんですね。

そう言えばゲーム機の接続情報まではチェックしていなかったなあと振り返りつつ、他のゲーム機も確認しました。
たとえ友人の家のネットワークであったとしてもそれが守られているかどうかは本人も私もわかりません。常にどこにつないでいるのかは意識しておかないと、スマホで決済する世の中になっていますから、こういう危機意識は緩むとまずいと思っています。

子供には人の家のネットワークを使ってはいけないよ、ともう一度強く言いました。

これは実はもうすこし幼いときにも言ってはいましたが、その時にはネットワークを繋ぐ、という意味がまだしっかり理解できていなかったのだろうという感じです。
今は中学生になり、ようやく事の次第が飲み込めた様子。

今は子供一人に数台のゲーム機を持っていますし兄弟が多いとその台数分すべて保護者がチェックするのも大変になりますが、一台ずつ気がついた時には見ておきたいものですね。

設定の仕方を丁寧に説明している資料がありました。
とてもわかりやすいので是非ご覧ください。

アンドロイド版、任天堂3DS・DSi版、iPhone,iPad(iOS)版
ネット安心手順書(PDF)

任天堂DS、SONY PSP版 写真入り設定説明

各ゲーム機の公式サイトにネットワーク設定のヘルプページがありましたのでこちらもご参考にどうぞ。

任天堂 3DS

任天堂 Wii
設定ムービーがあります。

SONY PSP

SONY PSVita

※ PlayStation 系は、ネットワークの設定には制限がないようです。あるのは視聴制限レベルでした。

Apple iPodTouch

ところで、私はすっかり思い違いをしていたのですが、PSPの視聴制限レベル、買った当初に制限したつもりでいました。
よく見ると、この視聴制限レベルの数値は年齢のことだと思ってしまっており、実は全く違うものでした。このレベル、9だとCERO「Z」。18歳以上許可となります。

上記の参考サイトにも載っています。
本体付属のクイックリファレンスにも載っていました。

数字には気をつけましょう。。。