2 コラム‎ > ‎vol.02 201307~09‎ > ‎

27 プリペイドカードあれこれ

2013/07/20 9:37 に ずきんはな が投稿   [ 2013/09/29 1:35 に更新しました ]
2013年07月06日掲載
みなさんは購入されたことがあるでしょうか。

コンピニや百貨店などで、プリペイドカードが並んでいるのも普通の光景になりました。

特に任天堂やGREE、モバゲー、amazon のカードはよく目を引きます。特にコンビニでは入り口から入ると、すぐに目につくような場所に置いてあり、真っ先に子供がイラストに惹かれて見に行くようになりました。

さて、このプリペイド。子供は購入できるのでしょうか。

お年玉をこのカードでもらうなんてことももしかしたらあるかもしれませんね。

子供がゲームでお金を使い込んでしまう事が相次いだ、コンプガチャ問題以来、ゲーム会社が自主規制することで問題は一応の沈静化をみたように思います。

この事件をきっかけに、未成年には一ヶ月に使える金額の上限が定められるようになりました。

以下のリンクは、消費者庁が当時出したコメントです。


ところで、この金額の上限は、ゲーム、またはサービスごと設定されるものですね。

あちこちのサービスにお金を使ってしまうと、サービスごとには制限があったとしても、その子の使える総額としては実際にはもっと高いものになってしまいます。

カードゲームのカードだと思ったら、実はプリペイドカードだったなんてことのないように、色んなカードがあることを把握しておきたいと思って色々集めて見ました。

ただし。ここに連ねたのは一例です。他にも沢山のプリペイドカードが存在しますので、参考程度とお考えください。

忘れてはいけないのはこれらが「子供が一人で近所の店舗で買える」という事実です。

お金を大切に使えるようになるまでに、使い方を見守ることができるのはその子供の保護者だけですから、新しい時代の決済を知っておく必要は大いにありそうです。

また、ゲームばかりが取り沙汰されていますが、実際には電子書籍や楽曲の電子データも買えますし、普通にネットショッピングできます。子供と話をしながら、上手く使いこなせるといいですね。


◆任天堂プリペイド
ペアレンタルコードによりWiiポイントの使用を制限することができるが、制限が設定されていても、Wiiポイントの購入は制限されない、とある。

◆GREE
15歳以下、月5,000円まで。16〜19歳以下、月10,000円まで。

◆mobage
18歳未満、月10,000円まで。15歳以下、月5,000円まで。

◆ameba
18歳未満は、1ヶ月の購入限度額 5,000円まで。

◆ハンゲーム
13歳未満の場合、当月限度額は5,000円。
13歳以上18歳未満の場合、当月限度額は10,000円分。

◆プレイステーションネットワークカード
18歳以上利用可。13歳以上は18歳以上である保護者の承諾により可。

◆xbox
ファミリーとして登録して管理するように、説明されている。

◆Amazon
利用規約にはアカウントが作成できるのは20歳以上とされている。

◆itunes カード
ituneサービスを利用できるのは13歳以上。ただし、13歳以上20歳未満の場合には保護者の承諾要。

◆mora
※年齢もしくは未成年についての記述を見つけることができませんでした。

◆BookLive
未成年者が会員登録をする場合には、保護者の同意を得た上で登録とあるのみ。

◆WebMoney
※年齢もしくは未成年についての記述を見つけることができませんでした。

こんなのもあるよ、というモノを御存じでしたら、ぜひ教えてくださいね(^o^)