2 コラム‎ > ‎vol.10 201507〜12‎ > ‎

142 スマホが壊れた~対話のキッカケ

2015/12/10 22:28 に ずきんはな が投稿   [ 2015/12/10 22:28 に更新しました ]

【コラム:スマホが壊れた~対話のキッカケ】

先日、子供のスマホが壊れました。
液晶をタップすると反応している感覚はあるのに、まったく表示されない。
電源を入れてパソコンに接続すると、スマホに入っている色々な画像やファイルが表示されるので起動はしているし、たぶん正常に動いているっポイ。

「液晶が壊れたんだね」
そんな会話をしながら、液晶に何も表示されないものだから可能な限りのバックアップをパソコン側にとって、スマホのメーカーに連絡。
スマホの中身をすべて削除して、本体交換待ち。

さぁ、スマホが返ってきた。
入れていたアプリを入れなおそうか。
Google Play、Google Playっと。
おっと、おかーちゃん見たことないアプリなんかいっぱい並んでないか?ペアレンタルコントロールアプリ入ってなかったか?
あー、あーやってこーやって、ペアレンタルコントロールアプリの隙をついて入れたのね。

「○○くん、ちょっと座ろうか」
「あんな、たださ、やれることはすべてやっていいことちゃうんやで」と、切り出した。

ペアレンタルコントロールソフトはあくまで、保護者と子供の約束の中の一つだと話して入れていたことを、改めて思い出してもらったうえで、アプリを入れたいのであれば、それは懇切丁寧に、なぜそれをやりたいのか?を言うべきだよねということ。

次からは、そうしよう。
アプリのペアレンタルコントロールソフトの設定は、もう外すことにするから。

「で、入れてたアプリ、どの程度やってたん?」
「消し方わからへんくて」
「あー、入れたはいいけど消し方知らんかったかー」
「勝手に入れたし、聞かれへんやん」

ということで、ペアレンタルコントロールソフトにまかせっきりを反省。

改めて、アプリの権限について子供に語りなおした。
さて、これからどうなるかな。