2017年08月19日 PTAとITを考える会


子供とネットの問題については、色々な講演がありますが、ネット問題はITとの関わり方に左右されることも大きいのではないでしょうか。

子供の問題と言われがちなネット問題をITとの関わり方に立ち返り、保護者間でも起こりうる問題として考えることで、今後の子供達をとりまく環境に活かしてみませんか?

保護者が子供や学校と関わる場としてのPTAを題材に、IT化やオンラインコミュニケーションの話を一緒に行いましょう。

開催概要

  • 開催日時:2017年08月19日(土曜日) 13時30分~17時00分(受付:13時00分)
  • 開催場所:サイボウズ株式会社 大阪オフィス セミナールーム
  • アクセス:https://cybozu.co.jp/company/access/osaka/
  • 定員:30名
     (先着順。キャンセル待ちになった場合は問合せフォームよりご確認ください)
  • 参加費:無料(懇親会は有料)
  • 申込:以下をクリックしお申し込みください


  • 申込はこちら

  • 良くある質問

プログラム

 時間 詳細
 13:30-13:45 会の案内&参加者自己紹介
 13:45-14:45 セッション1
「IT化でPTAを"イマドキ"の組織に変える」
講師:
 テクニカルライター/コラムニスト
 一般社団法人インターネットユーザー協会 代表理事
 小寺 信良
 14:45-14:55休憩
 14:55-15:35 セッション2
「PTAのIT機器と予算の話」
講師:子供とネットを考える会 山口あゆみ
 15:35-16:05 ライトニングトーク
・「PTAのコミュニケーションツールについて(仮題」
 講師:子供とネットを考える会 おへそとり
・未定
・未定
 16:05-16:15 休憩
 16:15-16:50 ディスカッション
 16:50-17:00 クロージング
 17:00-19:00 懇親会(会場にて実施)

勉強会まとめ及び資料:


セッション1詳細:

  • タイトル:『IT化でPTAを"イマドキ"の組織に変える』

  • 内容(概要):
    学校へのIT機器導入率最下位を誇る埼玉県。ほとんどの学校で、ネットに繋がるパソコンは職員室の1台だけ。そんな状態で、2020年デジタル教科書導入に耐えられるのか。まずは保護者のITリテラシーを強化するため、前代未聞の「PTA広報紙の電子書籍化」に挑む!

  • 講師紹介:
    小寺 信良

    テクニカルライター/コラムニスト。
    1963年、宮崎県生まれ。テレビの編集者として18年間、バラエティ、報道、コマーシャル映像制作などを手がけたのち、文筆家として独立。コンシューマAV機器から放送機器まで幅広い執筆・評論活動を行なう傍ら、インターネットと子供にまつわる諸問題の解決にも取り組む。
    一般社団法人インターネットユーザー協会 代表理事。
    小学校ではPTA広報委員長、成人教育副委員長を歴任。子供会では会長及び顧問を3期勤めたほか、中学校では現在広報部長としてPTA改革に取り組む。

    「tech@サイボウズ式」にて「コデラ総研 家庭部」を連載中。

セッション2詳細:

  • タイトル:『PTAのIT機器と予算の話』

  • 内容(概要):
    PTAで利用するIT機器、設定はどうしたらいい?
    パソコンをみんなで使いたいんだけど、パスワード管理ってどうするの?
    IT機器や設備に対する予算、どうやって決めてる?
    など、PTAであれば身近な話をさせていただく予定です。

  • 講師紹介:
    子供とネットを考える会 山口あゆみ

    2児の母。
    大阪府内の高等学校でPTA会長、大阪府高等学校PTA協議会 役員を務める。
    子供とネットを考える代表の他、京都府警ネット安心アドバイザー、eネットキャラバン認定講師、IHC運用ガイドライン検討協議会メンバーなども勤める。

    情報モラルについての連載をEducationTomorrowにて連載中。

ライトニングトーク詳細:

  • タイトル:『PTAのコミュニケーションツールについて(仮題』

    • 内容(概要):
      PTAで会議の前に打合せ、メールでする?LINEでする?
      便利な使い方紹介や、起こりうる問題などの話をさせていただく予定です。

    • 講師紹介:
      子供とネットを考える会 おへそとり
  • 未定
  • 未定